キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 お墓の建て替えにはお祝いの準備が必須 : お墓解明アシスト

お墓の建て替えにはお祝いの準備が必須

不思議に思うかもしれませんが、お墓を建て替えたら施主にお祝いを包んで渡すのが常識です。

お墓の建て替えにはお祝いの準備が必須

また、親族がお墓を建て替えることもあります。

先にも触れたように、最近では昔建てたお墓を建て替える人が増えています。

親族がお墓を建て替えたときのマナーについて少しご説明しておきます。

親族がお墓を建て替えたと聞いたら、あなたはどうしますか?

建て替えに伴って供養をする場合は、あなたも呼ばれるかもしれません。

もちろん出席する必要がありますが、仮に供養をしなかったとしてもやるべきことがあります。

それは「お祝い」です。

お墓の建て替えでお祝い?と不思議に思う人が非常に多いのですが、

実は、お墓を建てたり、お墓を建て替えたりというのは「おめでたいこと」なんです。

つまり、親族に対してお祝いを準備しなければいけません。

何も持たずに手ぶらで行くと、常識知らずの扱いをされてしまうのでご注意を。

お墓の建て替えのお祝いは、「建碑祝い」としてお金を包みます。

慶弔用品の使い分けは全国で違いますので、その地域にあったのし袋を使いましょう。

ただ、納骨に合わせてお墓を建て替えたりした場合など、まだ葬儀等終わって間もない時期であれば「ご仏前」として黒白の水引を使います。

気になるのが包む金額ですが、これは気持ちなので人それぞれ。

一般的にもっとも多い価格帯は1~3万円です。

ただ、もしあなたと非常に近い親族である場合や、建て替えされたお墓にいずれあなたも入るのであれば、もう少し包んでおくと好印象です。

いずれにしても、お墓を建て替えたらお祝いの準備をしておかなければいけないということを

きちんと把握しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加